2017年05月21日

戸倉上山田温泉を朝歩く(長野県千曲市)

chi_tokra_1705_(08).jpg
【特徴】
千曲川沿いの風光明媚な温泉街で、早朝日帰り入浴
【住所】
長野県千曲市上山田温泉
【日付】
2017年5月(GW初日の朝)
【駐車場】
各所にあり
【遊具】
上山田中央公園にあり
【トイレ】
各所にあり

【レポート】
 まず始めに思ったのは、「千曲市って北信ですか? 中信ですか?」ということです。
 なんとなく私のイメージは中信なので、ブログのカテゴリを「中信」にしました。なんとなく、北信は長野市からかな、と思ってます。(長野ご出身の方で、教えてやる気持ちの余裕のある方がいらっしゃったら、教えて下さい)

 私は新潟、特に上越に旅行に行くことがアホみたいに多いのですが、GWとか、千葉を普通に朝出発すると間違いなく大渋滞になる場合は、前夜に出発します。そして、よくある「頑張った(?)自分へのご褒美」とかいうことで、朝、温泉に浸かるのです。早朝から日帰り入浴施設が開いていることや、旅の行程上、ちょうど良いタイミングで通過するのが、戸倉上山田温泉です。

 上信越自動車道を坂城ICで下り、国道18号線を北上します。左手に見える千曲川の景色が美しく、運転していて楽しいです。戦国武将、村上義清の拠点があった場所、というような観光案内も気にしつつ、さらに北上すると、分かり易い「戸倉上山田温泉入口」という名前の交差点が現れまして、千曲川を左岸に渡ったところが温泉街です。
chi_tokra_1705_(08).jpg
川を渡ると正面の山の上に、戸倉上山田温泉の文字が。最初見た時は、なんだか分かりませんでした。

chi_tokra_1705_(09).jpg
私がよく行く日帰り入浴施設は「湯の華銭湯 瑞祥 上山田本館」です。一度行って、場所を覚えやすかったのと、湯温のぬるめの浴槽があったので、こちらを使っています。
他にも3,4件、ここよりもっと早朝からやっている入浴施設もあります。

どこもそうですが、開店早々はお客さんが多いです。一番風呂にこだわるわけでもない私は、周りをフラフラ散歩します。私は旅行そのものよりも、旅行開始直前の温泉と、温泉までの時間が大好きなのです。
お隣の上山田中央公園。
chi_tokra_1705_(05).JPG
遊具ありの普通の児童公園。
chi_tokra_1705_(07).JPG
大作家、井上靖氏がこの温泉街に泊まって「姨捨(おばすて)」の取材・執筆活動をしたそうで、その時の筆跡、とのことです。「潮が満ちてくるような そんな充(み)たし方で、私は私の人生を何ものかで充たしたひ」なるほど。なんとなく分かるなぁ。。
私の場合、井上靖さんの作品は、作品から離れて、切り取られたフレーズだけが妙に頭に残るのです。例えば、私がよく覚えている井上靖さんの作品は「風濤(ふうとう)」です。モンゴル帝国に服属した朝鮮半島の王国(高麗)が苦渋の思いを重ねる作品ですが、モンゴルの皇帝が高麗の王に、日本への特使派遣を促す手紙の中に「風濤(ふうとう)険阻なるをもって」すなわち日本海が荒れていることを理由にして、特使派遣を渋るな、というようなフレーズが出てきます。小学校の頃読んで以来ずっと「「風濤(ふうとう)険阻なるをもって」というフレーズが生活に関係なく不意に頭に浮かんだりします。
「姨捨(うばすて)」も、この近くの月の名所(棚田ごとに映る美しい月が「田毎の月」として有名です)にある「姨捨の里」を題材にしたものだそうです。正直、私は読んでません。が、「姨捨」をネットで検索すると、作中のフレーズとして「姨捨山って月の名所だから、老人はそこへ捨てられても案外悦んでいたかもしれませんよ」という、お母さんが実際に言ったという言葉が飛び込んできます。良し悪しも、ストーリーとの関連もトバして、このフレーズだけが印象に残ります。

私も温泉で執筆活動してみたい。などとまたしても作品と無関係な締めの感想を持ちつつ、やや広めの児童公園をあとにします(帰宅してからネットで知りましたが、桜の季節、ここは桜の花でいっぱいになるみたいです)。
戸倉上山田温泉は、歓楽街型の温泉地という紹介をよくされます。歩いていると(そんなところばかりではありませんが)歓楽街の朝な感じの風景もあります。
chi_tokra_1705_(04).JPG
これは。。。タマゴの自動販売機ですな。
chi_tokra_1705_(03).JPG
そしてもう一つ、戸倉上山田温泉について言われているのは、「昔風の」歓楽街型ということ。所々、閉店して廃墟になりつつある(かつての)ホテルが散見されるのは衝撃です(こちらのホテルは戸締りもシッカリされている様子です)。
chi_tokra_1705_(02).JPG
もちろん頑張っている宿もたくさんあります。この宿なんて、瀟洒な外観で、素敵な感じです。
chi_tokra_1705_(10).JPG
私は、この温泉街は一度泊まってみたいと思っているのです。
chi_tokra_1705_(01).JPG
例えば(今回街をブラついて初めて知ったのですが)、5月中旬には千曲川ハーフマラソンが開催されています。前日泊して翌日走って温泉に浸かって帰る、なんて最高です。千曲川は風光明媚ですし、少し北上すれば、それこそ姨捨や、歴史の古い武水別神社も立ち寄ってみたいところです。
この辺りは、探せば色々あるんですよね。実は。。


【評価】
アクセス:5/5点
散歩に向いているか:5/5点
子供と遊べるか:3/5点
総合評価:5/5点(応援の意味も含めて、5点)


posted by 江戸川半舗 at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ちい散歩(中信・南信) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。